業務用エアコンの専門店!新設・入替の取付工事・修理ならエイティーズまで|愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市

工事ブログ

【東芝製 業務用エアコン 準備中が消えない・・・】 ワイヤレスリモコンの方は必見です!

工事ブログ

2018/01/13


愛知でも、雪がうっすら積もりました。

昨晩からかなり冷え込み、暖房運転真っ盛りですよね。


さてさて、雪の降る時期になると様々なエラー表示や準備中ランプが点灯したままだったりと

色々なトラブルが発生します。


メーカーに問い合わせをして出張料を払って見てもらったら

故障でははなく

実はリモコンの設定一つで解消できたなんてこと結構あるんです。


そこで、特に起こりやすい東芝製 業務用エアコンのワイヤレスリモコンをご使用の方の対処法を
ご紹介いたします!


下記がワイヤレスリモコンの画像とセーブ運転についての説明書です。








実は、省エネを意識してセーブ運転を使用されたり、あやまって 説明書にある2のセーブ運転を押ししまうことがあります。

このセーブ運転、室外機側の電力を抑えた運転になるため、
寒い時期など、室外機の凍結を解消する除霜運転が必要な時、電力が制御されることで

永遠とエアコンが準備中になってしまうことがあります。

室内機本体の準備中ランプが点灯したままの状態で、なかなか暖房が始まらない時など

リモコンの右上に滑り台のようなマークが出ていないか確認してみてくださいね。

もし、セーブ運転を設定しているようでしたら、

「セーブ」ボタンを何回か押して 「--」という通常運転に変更してください。

その後、10分〜15分程度で除霜運転が終わった後、暖かい風が出てくるようになると思います。


今回は、東芝の業務用エアコンについてご紹介しましたが、
各社、省エネモードなど、電力を抑えた機能があります。

電気代を抑えたい意識から、夏場その機能をご利用いただいている方は多いと思います。

冬場は、夏場よりも電気を使って暖房を稼働しているので、その省エネ運転が邪魔をしてしまうことがあります。

寒いのに運転が物足りないと感じたら、一度省エネモードを解除して様子を見てみてください。


※クリックすると画像が拡大されます。

お問い合わせはコチラから!